ランチ屋台で買ったナシゴレンの感想

皆さん、ランチってどうしていますか?
手作りのお弁当、社食学食、定食屋やカフェのランチメニューetc…

実は私、このランチが大きな悩みの種だったりします。
現在、東京タワーに程近い某エリアに勤務しているのですが、ランチが高いんですよね。
どこのお店も800円前後、それが週5日だと4000円、月に換算すると…。
20代女性の年収平均額から考えると、結構痛い出費です(>_<)

そこで、考えるのが『手作りのお弁当』。
もちろん私も実行しました!

ですが、朝にあまり強くない私は8時ちょっと前に起床。電車の時間は8時35分。
お弁当を作っている時間なんてありません(T_T)

「もっと早く起きればいいのに…」分かっています、1か月は頑張りました。
でも…やっぱり無理(;_:)

ダメだ、ちょっと妥協しよう。ということで、次はコンビニのお弁当。
確かにこれなら外食するより安く済むし、早起きする必要もない♪

…なんか、コンビニの味飽きてきちゃったなぁ。
最近のコンビニは確かに美味しいです!しかも種類も豊富で選ぶのも楽しい!
ですが、やっぱり慣れてきちゃうと少し物足りないんですよね。

あーあ、何かいいランチはないかなぁ…。

そんな思いを日々抱えていたところ、友人がある提案をしてくれました。
「ランチ屋台ってどう?」

ランチ屋台?そういえば最近よく見かけるようになったけど…。
その友人曰く、500円~600円台で外食並に美味しいからぜひ食べてみて!とのこと。
それならと早速、職場近くにあるランチ屋台に行ってみました。

何やらそこは日替わりで色々な屋台が出店するそうなのですが、私が行った時はベトナム料理のお店でした。
私はメインのナシゴレンを注文!加えて、前菜として焼きバナナとピクルスが付いていました。

写真の通りとってもボリューミーで、お値段は¥650!!

ブログ⑥写真

そして、肝心のお味ですが…
味付けがしっかりしていてとっても美味しい!
さらに前菜のピクルスが甘くて素晴らしいお味!!

これまでランチ屋台ってなんとなく敬遠していたのですが、これはハマりそう!
コンビニのお弁当にプラス200円程度で、できたての味を楽しめるのは大変お得ですよね。

皆さんもランチに困ったときにはぜひ!利用してみてください

山口県のローカル牛乳

埼玉県で育った私は、いわゆる大手の明治や雪印が販売している牛乳が身近だったため、
意識したことがほとんどなかったのですが、先日山口県のおうちに遊びに行った際、
その地域で根付くローカル乳業を見てとても興味を持ちました。

牛乳

遊びに行った防府(ほうふ、と読みます)では、防府牛乳が出す「防酪」が最もメジャーで
それ以外の牛乳はほとんど見ないそうです。

ときどきそこにまじってくるのが「やまぐち県酪」。
これも山口県の乳業という点では一緒です。

調べたところ、なんと山口県だけでもローカルな乳業があるんだそうです。

そして雪印乳業,明治乳業,森永乳業の大手3社への集中度が高いものの、
実は埼玉にも、10もローカル乳業がありました。
ひとつも、スーパー等では見たことがなかったのですけれど…!
知るとなんだか応援したくなります。
いったいどこで買えるんでしょうか…。

話は変わりますが、牛乳のペットボトルがない理由ってご存知ですか?
実は「安全性」と「お金」に関係しています。

牛乳は栄養分がたくさん含まれているため、
口などの外部から菌が入ると、少し温度が上昇しただけで微生物が増えてしまうことから、
常温で持ち歩くことの多いペットボトルには適していない飲料なんです。

そのため、ペットボトルの利用をせずに来たのですが、
ペットボトル飲料の売り上げがどんどん伸びる中、売り上げの低迷に直面し、
ペットボトルの導入を検討した時期もありました。

ところが、新しく牛乳専用のペットボトルを製造するためには、
他の飲料水に比べてより衛生面に配慮が必要になることから、
売値を1,5倍にしないと賄えないような莫大な初期費用が掛かることがわかり、
現時点では牛乳のペットボトル化は足踏み状態になっているんだそうです。
 

牛乳大好きっことしては持ち歩けたら嬉しいですが、
パックでしか飲めない、というのもいいのかもしれません。